地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、盛岡・滝沢・二戸・八幡平・雫石の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

盛岡・滝沢・二戸・八幡平・雫石の地域情報サイト「まいぷれ」盛岡・滝沢・二戸・八幡平・雫石

被災資料再生の今-過去と未来をつなぐ・資料から学ぶ-

被災資料再生の今-過去と未来をつなぐ・資料から学ぶ-被災資料再生の今-過去と未来をつなぐ・資料から学ぶ-
東日本大震災で被災した文化財の再生技術と、再生された古文書類等からみえる三陸沿岸の生活の一端を紹介します。

東日本大震災津波で被災した文化財の再生は、国際的にも初めての試みで、形態に加え資料の学術的価値を再確認する総合的な取り組みでもあります。この展覧会では、資料再生のために構築された方法と再生の現状をお伝えし、併せて再生された古文書類等からみえる三陸沿岸の生活の一端を紹介します。
カテゴリ各種ショー、展示会
開催日2020年1月11日(土) ~ 2月24日(月)
9:30~16:30(入館は16:00まで)
開催場所岩手県立博物館
岩手県盛岡市上田字松屋敷34
特別展示室・他
料金<入館料>
一般310(140)円、学生140(70)円、高校生以下無料
※()内は20名以上の団体割引料金
目玉展示被災文化財
・吉田家文書、付随絵図(個人蔵、岩手県指定有形文化財)
・陸前高田の漁撈用具(陸前高田市立博物館蔵、国登録有形民俗文化財)
・アクリル画 行木正義「黒の思考」ほか(陸前高田市立博物館蔵)
展示解説会1月19日(日)14:30~15:30
2月2日(日)15:15~16:15
(展示監修者・兼平賢治氏による解説会)
講演会2月2日(日)13:30~15:00
当館講堂 聴講無料

講師 東海大学准教授 兼平賢治氏
演題 「再生された近世文書に見る三陸のくらし(仮)」
お問い合わせ先岩手県立博物館
TEL:019-661-2831
Fax: 019-665-1214
こちらのイベントもおすすめ